機械部品の基本

私たちの生活の溶け込んでいる電化製品や輸送機、精密機器など各種機械は、大小数々の部品から形成されています。それら1つ1つの部品が欠けるとそ機械は正常に動作しなくなってしまいます。例えミクロ単位の小さな部品でも、1つでもなくてはならない部品なのです。

その小さな部品を成形するための加工に必要不可欠なのが金属プレス加工。金属プレス加工は、金属を熱溶解したものなどに圧力をかけたり研磨したりメッキを施したりすることによって、部品としてのさまざまな形に作り上げていくものです。金属プレス加工はあらゆる部品の成形において基本中の基本の加工であり、実にさまざまな機器に金属プレス加工された部品が用いられています。

ただ部品を成形するだけではなく、それぞれの機能に応じた機能や大きさに整える作業も金属プレス作業に含まれます。材料の段階ではただの金属でしかなかったものが、この加工によって命を吹き込まれ、さらに強度を増したり滑らかに整えられたりして生まれ変わります。

この基本的な技術は平らな部品を作るだけではなく、人工的な凸凹や曲線を作る際にも用いられます。比較的薄い金属に使用される技術であり、そういった技術で生み出された部品は1つの機械に実に大量な種類が使われているため、加工業者の存在も技術職人の技も日本の工業にはなくてはならないのです。

おすすめサイト

ロードセルやプレス機をお求めの方はこちらへ|富士コントロールズ

Search
Archives